キャンペーン「eBirdでバードウォッチングウィークを楽しもう!」

By eBird Japan October 12, 2022
Mallard Anas platyrhynchos

11月1~7日はバードウォッチングウィークです。秋から冬にかけては木々の葉が落ち、鳥の姿を見つけやすくなります。ガン・カモ類など比較的大型の水鳥も渡ってくるので、バードウォッチングを始めるのに最適です。バードウォッチングウィークの間、好きな時に野鳥を観察して、野鳥観察データベースeBirdに投稿してみましょう!

日本野鳥の会では、11月1~7日の間にeBirdに観察記録を投稿された方にプレゼントをさしあげるキャンペーンを実施します。


キャンペーン「eBirdでバードウォッチングウィークを楽しもう!」
~観察対象種を見つけた方にはプレゼント~


期間:

2022年11月1~7日(バードウォッチングウィーク)

参加方法:
期間中いつでも、好きな時間にバードウォッチングをして、見た鳥を「eBird Japan」またはアプリ「eBirdモバイル」から投稿してください。特別な場所に行かなくても、家の窓から10分、庭に来た鳥を観察する/通勤や通学の途中で見た鳥を観察するなど、日常生活の中の観察でも構いません。
※eBirdに投稿するには、アカウントが必要です。
アカウント作成方法はこちら

投稿方法:
eBirdモバイル、eBird Japanウェブサイトからの投稿方法は、以下をご覧ください。
eBirdモバイルからの投稿方法
eBird Japanウェブサイトからの投稿方法

参加賞:

①サントリー特別賞

 

協力:薮内正幸美術館

観察対象種のカモ3種(マガモ、コガモ、オナガガモ)をすべて観察し、投稿した方10人(該当者多数の場合は抽選)に、サントリーホールディングス株式会社提供の「ステンレス製真空タンブラー『フクロウ』(薮内正幸イラスト)」をプレゼント!

サントリー特別賞・観察対象種-身近な水辺で見られるカモ3種-

この季節、水辺にはさまざまなカモのなかまが渡ってきています。同じように見えても、よく観察すると、身体の大きさや色、模様などが違います。カモを見たら、じっくり観察してみましょう。

マガモ
全長59cm
オスは、緑色の頭に黄色いくちばし、首の白いリングが特徴。
eBirdでくわしく見る

コガモ
全長37.5cm
カモの中では、最も小さい。
オスは茶色い頭に緑の帯、お尻に黄色い三角もようがある。
eBirdでくわしく見る

オナガガモ
全長 オス 75cm/メス 53cm
他のカモに比べて首がやや細長い。オスの、ピンと長くのびた尾がポイント。
eBirdでくわしく見る

※その場で見られた種は、観察対象種以外も記録して投稿してください。貴重な観察記録になります。
※期間中(11月1~7日)であれば、上記3種が複数のチェックリストにまたがっても構いません。


②日本野鳥の会賞

7日間毎日チェックリストを投稿した方10人(該当者多数の場合は抽選)に、日本野鳥の会オリジナルグッズ「卓上カレンダーと里山の野鳥リングメモ」をプレゼント!


eBirdとは

eBirdは、米国・コーネル大学鳥類学研究室が運営する、世界的な科学研究プロジェクトです。世界中のバードウォッチャーの野鳥観察記録をオンラインで共有し、鳥類の研究や保護に役立てることを目的としています。


お問い合わせ

(公財)日本野鳥の会
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-9-23丸和ビル
担当:自然保護室 葉山政治/岡本裕子
電話:03-5436-2633  E-mail:ebirdjapan@wbsj.org