教材「野鳥観察を市民科学に 学校教育でのeBird利用ガイド」ができました

By eBird Japan August 19, 2022

eBirdは、コーネル大学鳥類学研究室が運営する、世界最大の野鳥観察データベースで、市民科学(市民と科学者が協働する科学研究)プロジェクトです。eBirdには、世界中のバードウォッチャーから10億件を超す野鳥観察情報が寄せられ、その情報は野鳥の研究や保護活動に役立っています。

日本野鳥の会では、コーネル大学鳥類学研究室と協働で、2021年11月にeBirdの日本語版「eBird Japan」を開設しました。このたび、eBirdを学校や教育活動で活用いただき、子どもたちに野鳥や市民科学に親しんでもらうため、電子教材「野鳥観察を市民科学に 学校教育でのeBird利用ガイド」を発行しました。

この教材は、コーネル大学鳥類学研究室の教育チームが発行した“eBird ESSENTIALS for Educators”をベースに作成し、日本での利用にあわせて改編したもので、学校でのeBirdの使い方のほか、野鳥を観察し識別するポイントや、地域で見られる鳥を調べる方法、観察結果の記録方法などを、授業での実践事例やワークシートとともに紹介しています。

下記より自由にダウンロードしてご覧いただけますので、ぜひご活用ください。

教材「野鳥観察を市民科学に 学校教育でのeBird利用ガイド」(PDF:8.1MB)